省エネの効果をもたらす「もったいない」精神

一人一人ができる省エネは、少しの無駄を省くことが大事です。

使わない電気は消すなどの「もったいない」精神で、少しずつ無駄を省いていくことで大きな効果が期待できます。

家庭の中でもっとも消費が激しい冷暖房についての省エネについて考えてみましょう。

エアコンやファンヒーターを上手に使うコツを覚えましょう。

エアコンを使用するときは、夏は28℃、冬は20℃を目安にし、使用する時間を極力減らすことが大切です。

暖房をするときは、カーテンを引いておくのが大事です。暖房の熱が窓から逃げることを防ぎます。

また、扇風機で部屋の空気をかき混ぜることで、暖房の熱が上部にたまってしまうことを防ぎ、暖房効率がよくなります。

そして冷房を使用するときは、同じくカーテンやすだれを引くことが大切ですが、これは日差しをカッとすることで、室温を下げる効果を狙っています。

また、扇風機を併用し、涼しい風が身体に当たるようにすると、設定温度が高くとも効率よく効果が得られます。

また着るもので調節することも大切です。

寒くなったら暖房を使用する前に一枚衣服を足す、暑いときはその反対に薄着になることで、冷暖房に頼りすぎない生活ができるようになります。

冷暖房は少しの工夫で高い省エネ効果が得られるのでぜひ実践してみてください。