健康

多焦点眼内レンズとは

Posted by lunoa2011 on 7月 15, 2016
健康, 未分類 / 多焦点眼内レンズとは はコメントを受け付けていません。

多焦点眼内レンズとは白内障の手術の時に用いられるレンズです。このレンズを使うと遠近に焦点が合うように作られています。現段階では保険が適応されないため多少高額な治療費になりますが、普段の生活で老眼鏡が必要なくなったという方もいたり術後の見え方に満足する方もいるので、そういう方にとっては決して高い治療費ではないでしょう。

高齢者であれば誰しも老眼が始まりますし、白内障も進行して視力が落ちていくものです。そうした場合、どのタイミングで手術を受けるといいかと考えると、私は早めに受けたいと考えます。もちろん手術は怖いですが、眼内レンズを入れるとなるとやはり見え方もそれまでとは変化すると思うんです。高齢になればなるほど新しい見え方に脳がとまどってしまい、慣れるのに時間がかかってしまうような気がします。
白内障の手術はがんの手術とは違って多くの場合は急を要するものではないかもしれません。そうした場合、多少の見えにくさであればそのまま生活を続けてできるだけ手術を先延ばしにしたいと考える人が多いと思うのですが、寿命が延びている現代ではできるだけ最適な視力で人生を過ごす方が認知症の予防にもつながりますし、認知症になってしまっては必要な手術も受けれなくなる場合もあるのだと思います。

Continue reading…

Tags: , , ,